斉藤 たつや プロフィール

緑区をしっかり支えます。 ○昭和48年1月 横浜市生まれ(42才) 長津田みなみ台在住
早稲田実業学校高等部・早稲田大学社会科学部卒業
○平成12年 4月 数種の仕事を経て、個人事業所設立
○平成12年 5月 自民党神奈川第9区支部長 小川栄一秘書
○平成13年 1月 自民党参議院神奈川選挙区 小林温秘書
○平成13年10月 川崎市長選挙 自民党神奈川県連
阿部孝夫選挙対策本部 事務所員
○平成14年 6月 横浜市会議長 小林昭三郎 秘書
○平成15年4月13日 横浜市会議員選挙に当選
○平成15年4月30日 横浜市会議員に就任
○平成19年4月8日 横浜市会議員選挙に、二期目当選
○平成23年4月10日 横浜市会議員選挙に、三期目当選
○平成27年4月12日 横浜市会議員選挙に、四期目当選

◎現在までの主な活動 ◎現在

○自民党かながわ政治大学校第5期、第6期、第7期卒業
○NPO法人 日本オリンピックアカデミー 正会員
  総務委員会 委員
○高校1年時、アメリカ、オレゴン州 短期留学
  大学4年時、中国・西安 西北大学 短期留学

○議員一期目 
自民党横浜市支部連合会 : 総務副会長/青年局幹事

○議員二期目 
自民党横浜市支部連合会 : 政務調査会副会長/市民運動本部副本部長/広報委員会委員/青年局長
自民党横浜市会議員団 : 会計/副団長

○議員三期目 
自民党横浜市支部連合会 : 広報委員長/組織委員長/政務調査会副会長

○横浜市会 運営委員会 委員長
○横浜市会 水道交通委員会 委員
○横浜市会 基地対策特別委員会 委員
○自民党政令指定都市アーバンユースネット 会長
○自民党横浜市支部連合会 筆頭副幹事長
○自民党 緑区支部 支部長
○自民党かながわ政治大学校 理事
○横浜みどりライオンズクラブ 会員
○(一社)横浜青年会議所 シニア会員
○保護司 (緑保護司会所属)
○神奈川県薬物乱用防止指導員
○自衛隊募集相談員
○緑火災予防協会 会員
○緑区食品衛生協会 常務理事
○長津田自治連合会 相談役

■家族構成 ■スポーツ活動
○妻   緑区長津田町出身  主婦
○長男 緑区長津田出身 (10歳、小学4年生)
○次男 緑区長津田出身 (6歳、小学1年生)
○父   福島県出身 (公社)日本パワーリフティング協会名誉会長
○母   緑区西八朔町出身 主婦
○弟   町田市出身 日大三高・日大文理学部卒 サラリーマン
○パワーリフティング
  全国優勝 4回  世界大会出場 3回
○横浜市パワーリフティング協会 会長

○緑区ボウリング協会 会長
○緑区パワーリフティング協会 会長
○緑区少年サッカー連盟 顧問
○その他経験した種目
   サッカー・野球・相撲・柔道・テニス・スキー・卓球 など

推薦者からのメッセージ

   斉藤たつや君を、私の後継者に育てて下さい。


 日頃より皆様には色々ご後援をいただきまして誠にありがとう  ございます。お蔭様で4期連続して市会議員をつとめさせていただく事ができました。又、昨年より市会議長という名誉ある地位をいただき、有終の美をかざることができました。心より感謝申し上げます。
 さて、私も議会では最長老となりましたので、信頼できる後継者に緑区の後事を託して勇退したいと考えておりました所、今回、斉藤たつや君という適任者を得ることができました。
 斉藤たつや君は、スポーツで鍛えた頑強な体でしっかりとした考えと政治を志す意欲を持っており、緑区の新時代を担うのにふさわしく、必ず皆様のお役に立つと確信しております。
 私も斉藤たつや君を名実共に後継者にするまで責任がありますので、今まで通りのご支援と若い 斉藤たつや君を立派な政治家に育てて下さいます様お願い申し上げます。
              
故・元横浜市会議長 小林昭三郎


斉藤たつや後援会 最高顧問 小林昭三郎前横浜市会議長並びに小池一夫前後援会長のお二人が
5月28日に突然ご逝去されました。訃報に接し、大変な衝撃と深い悲しみで絶句し、
生前のお二人への感謝の思いが止めどなく浮かんで参りました。
ここに謹んでお二人のご冥福をお祈り申し上げます。

小林昭三郎先生の後継者として斉藤たつやが横浜市会議員に当選できたことは、
正に、お二人のご指導ご鞭撻の賜物であることは言うまでもございません。
一期目の半ばを経過した斉藤たつやと、彼を支える後援会にとって、
二期目に向けて、今後の後援会活動や方針等を両先輩にご相談し、
ご指導を受けて進めていこうとしている矢先に、ご逝去されたことは誠に痛恨の限りです。
まだまだ若輩の斉藤たつやにとって、両先輩のご指導が本当に頼りでありました。

この上は、1日も早く、この悲しみから立ち直り、故人お二人の生前遺されたご功績を忘れることなく、
そのご意志をしっかりと引き継いで、まい進していかなければなりません。
どうか皆様、今後とも斉藤たつやへ、そして後援会へ、
引き続き更なるご支援ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

小林先生、小池一夫前後援会長 どうぞ安らかにお眠り下さい。    合掌


斉藤たつや後援会会長 久保田武雄  横浜市会議員 斉藤 たつや